乳首の黒ずみが起きる理由

ピンクのあこがれ乳首に近づこう!

乳首の黒ずみが起きる理由

乳首の黒ずみの理由は、細胞の中にあります。
メラニン色素をご存じですか?
黒色の色素で、これが集まるとその箇所が黒く見えます。
髪の毛の元々の色が黒いのは、このメラニンが特に多い箇所だからです。
このメラニンは、髪の毛以外の場所でも作られます。
乳首の周りでも作られるのです。
このメラニンが多く作られると、乳首が黒ずみやすくなります。

ただし、黒ずみの直接の原因は、「メラニンの沈着」です。
メラニンが作られること自体は、問題ありません。
古い角質が新陳代謝で体からはがれるとき、一緒に排出されるからです。
このサイクルが正常に回っていれば、たとえメラニンが少し多く作られても、乳首が黒ずんだりはしません。
このサイクルが正常に回らなくなり、メラニンが排出されなくなると、生成されたメラニンがどんどん乳首に溜まっていきます。
その状態が慢性化すると沈着し、乳首が黒ずんで見えるのです。
これが乳首の黒ずみの理由です。

黒ずみの理由としてまず間違えやすいのは、「お肌の汚れ」です。
ゴミや泥などが肌につくと、その箇所が黒ずんで見えますよね。
その黒ずみならお風呂で洗えば落ちますが、乳首の黒ずみは違います。
乳首にボディソープをつけて強く洗っても、まったく落ちませんのでご注意ください。

もう1つ間違えやすいのは「ケガや病気」です。
体の一部が黒ずんだら、これを疑うのも普通ですよね。
これも違います。
乳首の黒ずみ自体は、異常ではありません。
打ち身や内出血でもありませんから、シップを張ったり、打身用の塗り薬を塗っても治りません。
むしろ、これらを乳首というデリケートな箇所に行なうとかぶれてしまい、乳首が赤黒くなることもあります。

乳首の黒ずみの理由を知らないと治せる物も治せません。
理由をしっかりと確認してくださいね。