乳首が黒ずむときの治療法

ピンクのあこがれ乳首に近づこう!

乳首が黒ずむときの治療法

乳首が黒ずむときには、自宅でできるセルフケアの他、病院での治療もできます。
皮膚科や美容整形科の受診となるでしょう。

どちらに行っても、一般的なのは「塗り薬」による治療です。
ピューレパールと同じように、乳首に沈着したメラニンを除去できる薬がありますので、それを乳首に塗る形になります。
方針自体は同じですが、病院で処方される薬や美容商品は、効果がより強力だったり、市販されていなかったりします。
個人ではできない乳首黒ずみケアができますので、セルフケアでは治しきれなかった黒ずみを病院で相談するのもいいでしょう。
また、肌の状態やアレルギーの有無などから、最適な塗り薬を処方してもらえますので、自己責任でケア商品を探す手間が少し省けます。
自分の体質に合う商品を探しきれない方にもオススメです。

これ以外の方法では、美容整形などで使える「レーザー治療」があります。
これは特殊なレーザーを照射することで、特定の細胞だけを除去できる治療です。
シミやアザ、ソバカスの除去に使われることが多いですが、これを使えば特定箇所の黒ずみも薄められるため、乳首の黒ずみ治療にも使われることがあります。
これの利点は手間が少ないことです。
乳首にレーザーを当てるだけで治療は終了です。
毎日のように乳首へ薬を塗るより、手間が少ないですよね。
これを繰り返せば、次第に乳首の黒ずみが薄まります。
なるべく手間が少ない方がいいなら、この治療も考えてみるといいでしょう。

ただし、これを行なっている美容整形を探す必要があります。
乳首の黒ずみ治療は塗り薬の利用が一般的で、レーザー治療を行う病院は少数派です。
同じ美容整形でも病院によってはコレを行なっていない場合もあります。
レーザー治療自体はやっていても、乳首の黒ずみ治療には使わないとする病院もありますので、事前によくご確認ください。

以上のような方法で、病院での治療もできます。